太陽光発電に関する法律はどんなものがあるか?家庭の太陽光発電設備には?

houritu

 

日本は法治国家で、しかも規制が多い。

太陽光発電を設置する場合にも関連する法律がいくつかあるので、詳細は専門家に任せるとして概要は知っておくべきである。

 

関連法規としては、建築基準法、電気事業法、農地法、国土利用計画法、都市計画法、森林法、航空法などである。

規模の小さな太陽光発電ならば法律の縛りはほとんどないが、メガソーラーとなれば関係する法律は当然多くなります。

以下各法律の概要を説明する。

 

 

◆建築基準法

屋根の上に設置する場合は建築基準法の適用となる。
また土地に架台を設けて、その上に太陽光パネルを設置する場合には、メンテナンスの時を除き架台の下に人が立ち入らない場合は建築基準法の適用除外となる。

例えば架台の下に事務所や集会所などを作った場合には建築基準法が適用されます。
法律は解釈の仕方で、また個々の事例で変わってきますので、専門家と相談すべきである。
家庭用の太陽光発電設置業者は法律に精通しているからお任せしても心配はありません。

 

 

◆電気事業法

太陽光発電は小さいと言えども「発電所」であるから電気事業法が適用されると考えられるが、規模の小さな発電所は電気事業法の適用除外となる。(発電容量が50KWの低圧)

しかし規模が大きくなると電気主任技術者の委託や専任、保安規定の制定、行政への届け出や、完成検査が必要になる。
詳細は電気事業法を参照のこと。
ただし家庭用の太陽光発電の場合は発電容量が10KW以下なので届け出などは一切不要である。

 

 

◆農地法

農地法は食糧自給率維持のために大切な農地を無断で転用することを規制・制限する為の法律である。
従って農地に太陽光発電を設置する場合には転用許可を得るか、もしくは農地のままで太陽光発電を設置する(発電しながら耕作する)ことも可能である。

この場合は農作物を栽培することが必要である。農地はいったん転用すると元に戻せないから、後者の選択が実用的であり、ほとんどの場合は、建前上農作物を栽培することにして、転用申請はしない。
家庭用の太陽光発電で屋根の上に太陽光パネルを設置する場合は当然適用除外である。

 

 

◆国土利用計画法

無秩序な土地の開発と自然環境保護の目的で策定された法律である。
小規模の太陽光発電には関係ないが、面積が2000m2以上の太陽光発電を設置する場合は届け出が必要となり、行政が認定しない場合は勧告を受ける事となる。
(転用はしない方が良いですよという勧告)

小規模発電の場合は適用除外となるから、家庭用太陽光発電の場合は関係ない法律である。

 

 

◆都市計画法

土地所有者が勝手気ままに、かつ無秩序な開発をしないように歯止めをかける為の法律である。
開発地域によって適用される面積が異なっている。
概ね1000m2以上の土地を開発する場合に適用される。
ただし市街化調整区域では原則として開発は禁止されている。
この法律も家庭用太陽光発電設置の場合には適用外である。

 

 

◆森林法

森林を乱開発から防止する為の法律である。
面積が1ha以上の場合は申請許可が必要である。

また立木を伐採する場合にも届け出が必要となる。
この法律はメガソーラーの場合には関係するが、規模の小さい太陽光発電では「届け出」で対応可能である。

 

 

◆航空法

航空法は飛行場の近くで太陽光発電を設置する場合に考慮しなければならない法律である。
航空機の安全航行に妨げとなる構築物は建てられません。
規模の大きな太陽光発電設置の場合を除いて、適用除外となるでしょう。

 

 

◆まとめ

太陽光発電の発電規模によって適用される法律が決まってくる。
小規模の家庭用太陽光発電(10KW以下で屋根の上か農地に設置する場合)に関連する法律は、「建築基準法」と「農地法」くらいであろう。法律は解釈が難しいので、太陽光発電設備を設置する場合は専門家と相談することをおすすめする。

太陽光発電の発電パネルは雪が降ると発電にどのくらい影響するのか?

yuki

 

太陽光発電は太陽光パネルに光が当たることによって、はじめて発電という現象が起こります。従ってパネルに光が当たらなければ発電しません。

「積雪」によって光は遮られるから「雪が積もる」ことは太陽光発電にとっては、有難迷惑ということになります。

 

 

◆積雪で発電量が低下する

パネルの全面が雪で覆われれば発電量は「0」になります。

50%雪に覆われれば、50%です。

いずれにせよ発電量は大幅に低下します。

豪雪地帯に太陽光発電を設置するのはリスクが有ると単純に考えれば、そういう結論になりますが、そう単純ではありません。

 

実際に豪雪地域の発電量は全国平均と比べれば10~20%程度は少ないようです。

積雪は物理的な自然現象ですから避けることはできません。

雪が降り発電効率は下がると言うことを前提に、その中でも最大の発電効率を得るには、どうすれば良いかを考えましょう。

 

 

◆雪国で発電効率を上げる対策は?

設置する地域が決まれば年間日照時間は予測できます。

出来る事は太陽光パネルの設置角度とパネルメーカーの選定です。

雪国の場合は地元で実績のある設置業者に相談するのがおすすめです。

冬場の効率は当然考慮しますが、発電量を年間最大にすることが最も大切です。

既設家屋では屋根の角度や方向を変えることはできませんので、その条件の中で効率化を探し求めることになるでしょう。

新築なら屋根の角度や、家の向きを含めて検討することが可能です。

しかし太陽光発電以外の要素が有りますから、制約を受けることは当然あります。

 

 

◆過積載は効率を上げることが出来る?

過積載とはパワーコンディショナーの容量よりも大きな容量の太陽光パネルを設置することを言います。

例えばパワーコンディショナーが4KWで、太陽光パネルが5KWの場合を「過積載」と言います。太陽光パネルは表示容量(5KW)は最大頑張って5KWという意味で、実際は4KW位しかありません。

ですからパワーコンディショナーも4KWで充分なのです。

 

長野県のメガソーラーで「過積載」をすることで発電量が予想以上に多かったと言う実例が有ります。

雪国の冬場で雪が降らない時でも5KWの太陽光パネルは、いくら頑張っても4KW以上発電できないからです。

もし太陽光パネルが凄く晴天の日に、たまたま5KW程度の最大定格出力を出した場合は、パワーコンディショナーの容量である4KW分しか電気に変えられないことになります。

ロスが出ますが、このような機会はごくまれにしか発生しません。

 

 

◆太陽光パネルから雪が落下し御近所迷惑?

雪国で太陽光発電を設置する時のチェックポイントは、「落雪の対策」です。

自宅の敷地が広く落雪しても、お隣様に迷惑がかからない場合は考慮しなくてもいいのですが、落雪対策は御近所トラブル防止のためには大変重要な項目になります。

住宅密集地なら「雪の滑り止め」は必須です。

雪は重くて、そして急に落下しますから事故防止のためにも「落下防止」は行わなくてはなりません。

 

 

◆太陽光パネルに積もった雪おろしは行うべきか?

単純に考えるなら「雪かき」は効率的でしょう。

しかし作業の安全性を考えて、また太陽光パネルの品質保持から考えると、雪おろしは止めた方が良いでしょう。

たいへん危険な作業になり、また太陽光パネルの表面を傷つけることになります。

自然落下する時を待つよりほかはありません。

雪に「お湯」をかけて溶かす様な装置も考えられますが、費用対効果を見ると「得」にはならないようです。

 

 

◆積雪地域での太陽光発電は控える方が良い?

これは1軒1軒、家屋の状況や地域など異なっていますから、施工業者とよく相談して決めることをおすすめします。

一概に設置した方が良いとか、悪いとかを決めることはできません。

ケース・バイ・ケースという事になるでしょう。

 

太陽光発電の設備からも電磁波は発生するのか?体への影響を調べた

c9b23bc4a8fc934511cc91f66cb50db4_s

 

太陽光発電から出る電磁波は体に悪い、太陽光発電を導入した直後に頭痛やめまいがしたと言う情報が有ります。

しかし、その因果関係は科学的に証明されたものでもなく原因不明です。

電磁波は電流が流れれば発生しますので、電気製品を使えば電磁波は発生するでしょう。

家電が氾濫している今、どこの家庭でも電磁波の中で生活しています。

 

そして太陽光の成分、可視光線や紫外線、X線も電磁波の仲間です。

人間は地球上に誕生してから何百万年もの長い間、電磁波の中で生きてきました。

 

 

◆電磁波と日常生活

電磁波は地球上に溢れています。電磁波は電気の流れるところには必ず発生するもの。

電気製品、携帯電話、電車(新幹線など)、送電線、太陽からの放射線(可視光線や紫外線など)。

問題は電磁波の周波数と強さ(強度)です。

研究所や実験施設における強度の極めて強い電磁波ならば人体に影響するのですが、日常生活を営んでいる空間では影響はほとんどないと考えてよいでしょう。

 

 

◆太陽光発電機器で人体への影響はあるのか?

人間は太古の昔から太陽の恵みで生きていました。

紫外線や可視光線に対応できる体になっています(DNAに情報として取り込まれている)国際機関が電磁波に関するガイドラインを策定していますが、全ての家電はクリアーしていて、一応安全であるとしています。

 

家電では電気シェイバーや電気こたつなどが少量ですが電磁波を出す機器である。

太陽光発電は電気機器として「インバーター(パワーコンデイショナー)」が該当しますが、屋外に設置してあれば問題ないと思われます。

 

太陽光発電を導入した直後に頭痛やめまいを訴えた人は「偶然」としか考えられません。

全く電気機器が無い原始状態で自給自足をしていた人が太陽光発電を導入して体に異常を感じるなら「電磁波過敏症」という事になりますが、近代文明の中で電磁波を出す電化製品と共に生活していた人が、突然体調不良を起こすとは科学的には理解できません。

 

 

◆太陽光パネルから電磁波は発生するのか?

太陽光パネルは光エネルギーを電気エネルギーに変換する機器ですから電気が流れていますので電磁波が発生している可能性が有ります。

中立的な組織である「電磁界情報センターの測定データーによると、太陽光パネルから20センチ離れた場所での電磁波の強度は80ミリガウス程度でした。

 

電磁波の影響度は発生源から距離が離れれば極端に弱くなりますから、太陽光パネルの電磁波は人体に影響が無いと考えて良いでしょう。

太陽光パネルは屋外(家庭用では屋根の上)に設置されていますから、人体は太陽光パネルから遠く離れているからです。

 

 

◆電磁波の影響を科学的に実証するのは困難である

科学的に人体に対する影響を測定するのは困難である。

実験としては数百人規模の協力が必要であるし、日本だけでなく世界規模で行わないとデーターの信頼性がなくなります。

人間を全く電磁波の無い世界に置くことも困難でしょう。

生活空間には微弱ながら無数の電磁波発生減があります。

それを遮断して行わないといけません。

 

もう一つ厄介な問題が有ります。

電磁波は周波数と強度があるのですが、厳密な実験をする為には特定の周波数を有する電磁波を取り出して実験する必要があります。

電磁波は数ヘルツから高周波領域ではメガヘルツ、ギガヘルツ、テラヘルツまで非常に広い範囲を網羅しなければなりません。

現実的に考えれば科学的な実証は無理でしょう。

 

科学者も注目を集める領域でなら「実験」をして有名になりたい、成果を上げたいと思いますが、電磁波の人体に対する影響の研究をしても注目度は低いから、実験はしないでしょう。

 

 

◆太陽光発電の電磁波は人体に影響ない?

結論として、太陽光発電の電磁波は人体に影響はほとんどないと言う事になります。

太陽光発電の重要部品パワーコンディショナーの役割と設置のポイントを解説

df299736d60efea4a082a27dbad40562_s

 

太陽光発電で最も大切なパーツ(部品)は勿論光を電気に変換する太陽光パネルで、その次に大切な部品はパワーコンディショナーになります。

パワーコンディショナーという言葉は「分かり難い言葉」であり、その機能(働き)を連想させてくれません。

 

パワーコンディショナーは太陽光パネルで発電した「直流電流」を家庭で使える「交流電流」(50~60サイクル)に変換する機器であるから、「AC~DCインバーター」(AC~DC変換器)と言う方が分かり易い呼び方であろう。

海外では「PCインバーター」と呼ばれている。

 

◆パワーコンディショナーの役割

パワーコンディショナーは太陽光パネルで発電した電気を「安定的」に交流電量に変換する機器である。

発電した「電流と電圧」を安定させるのは勿論、周波数(50サイクルもしくは60サイクル)も安定的にコントロールしてくれる機器である。

 

◆機器の選び方と価格

パワーコンディショナーは太陽光パネルと同じメーカーを選んだほうが良い。

一括見積もりで「信頼できる業者」を選択して任せれば間違いはない。

日本のメーカーではそれ程の差はないと思ってよい。

機器の値段は、例えば5KW容量の発電システムでは総額で150万円、パワーコンディショナーは、約1割の15万円といったところでしょう。

 

◆設置場所はどこが良いのか?

パワーコンディショナーは機器としての特徴を知れば、どこに設置すれば良いかが分かるだろう。

太陽光発電のシステム機器の中で唯一「音」のでる機器である。

エアコン室外機のような音がする。従って単純に考えれば「屋外」に設置するのが良いだろう。

 

しかし隣家が近いとか、小さなお子様や病人が近くに住んでいる場合は「御近所トラブル」に発展する恐れもありますから、屋内に設置すると方が良い場合もある。

騒音問題は個人差が大きく、いったんパワーコンディショナーの音が気になるとストレスになる。

従って設置場所は「御近所の状況」と「家庭の環境」を総合して決めるべきである。
一般的にはやはり屋内設置である。

 

◆過積載という使い方

太陽光パネルの発電容量をたとえば「5KW」とすれば、パワーコンディショナーの容量も「5KW」とするのが一般的である。

 

しかし太陽光パネルの発電容量は「最大値」を表しているから、実際は「5KW」の太陽光パネルで常に「5KW」の電気を発電すると考えない方が良い。

お天気の状況によって4KWや3KWに能力が落ちる。

従ってパワーコンディショナーも「4KW」程度で充分なのである。

パワーコンディショナーの容量よりも、太陽光パネルの発電容量を「過大」に設定する使い方を「過積載」と呼んでいる。

 

太陽光発電システムでは「太陽光パネル容量」と「パワーコンディショナー」の能力のどちらか低い方を、その発電システムの発電容量と見なします。例えば太陽光パネル6KWに5KWのパワーコンディショナーを組み合わせであれば、発電容量は5KWと見なされます。

 

太陽光発電容量が1KWならば、年間で1100KWhの電力が得られる。

ということは1日平均で1100÷365=3KWhの電力しか得られないと言う事である。

平均日照時間を10時間とすれば、わずか30%しか働いていないことになる。

 

従って太陽光パネルの発電容量を大きく(過積載)しておくと効率の良い発電が出来るのである。

過積載の程度は20%~50%が実際に使われている範囲である。

 

◆まとめ

パワーコンディショナーは寿命が10年~15年と言われている。

従って太陽光パネルの寿命25~30年と比べると約半分であり、途中で取り替える(新品に交換する、または部品を交換する)という事を計画に入れておくべきである。

 

屋外、屋内ともにメンテナンスのしやすい所に設置しておくべきである。

太陽光発電における塩害は防ぐことができるか?その対策方法とは?

engai

 

塩害とは海岸線近くで「塩」が原因で電線やコンクリート、鉄製の工作物が被害を受けることを言います。(農作物の被害も塩害ですがここでは省略します)

 

太陽光発電の塩害は「金属の錆」に限定されます。

しかし海水が撒きあげられて、風に乗って内陸まで「塩分」を拡散しますから厄介な現象には間違いありません。

 

太陽光発電の部分品はソーラーパネル(ガラス、鉄、その他金属)、パワーコンデイショナー(鉄、銅)、接続箱(鉄)、架台(鉄)、電気配線(銅)から構成されていますから「塩害」を受ける可能性は極めて大きいと言えます。

 

 

◆太陽光発電は塩害地域では設置できない?

 

塩害地域とは海岸線からの距離で決まっています。

海岸線から~500mまでを重塩害地域、500mから数キロまで(地域によって距離が違う)を塩害地域といいます。

 

例えば北海道や東北の日本海側は海岸線から7キロまでが塩害地域になります。

塩害地域は太陽光発電を「無条件には設置できない」というのが結論です(逆に言えば塩害対策を行えば設置できるといえます)。

 

接続箱やパワーコンデイショナー、架台は鉄製ですから間違いなく「塩で錆び」ます。

ですから一般の地域で設置する仕様で、塩害対策を施さずに太陽光発電をそのまま設置すれば、錆で寿命は極端に短くなります。

 

しかしながら塩害対策技術の進歩で塩害地域でも太陽光発電の設置が可能になりました。

 

 

◆塩害対策や設置基準はメーカー毎で異なっている

 

塩害地域は国土の総面積からすると「ほんの狭い地域」になります。

そこで特別仕様のソーラー発電システムを開発してもメーカーは儲かりません。だからメーカーには塩害地域では設置できないというところもあります。

経営的には至極当然の考えです。

 

しかしメーカーイメージが悪くなり、太陽光発電以外の家電が売れなくなる可能性が有る為、メーカーは積極的ではないが塩害地域での太陽光発電設置を検討してくれます。

 

 

◆塩害対策で導入コストは当然高くなる?

 

塩害対策で一案良いのは「屋内」に電気機器を設置すると言う事ですが、太陽光発電では屋内設置は「無理」です。

 

ソーラーパネルや架台はどうしても屋外に設置しなければなりません。

鉄の塩害対策は、亜鉛めっき、塗装をする、鉄をステンレスに交換する、プラスチックの製品に置き換える等の対策が考えららますが、コストの関係で「亜鉛めっき」が採用されています。

 

電気部品なら「ビス」や「ボルト&ナット」なども塩害対策が必要です。どこか1つでも塩害対策に「手抜き」があれば、そこから錆びて全体が壊れます。

 

 

◆塩害地域で太陽光発電を設置する時の注意点

 

専門家(塩害地域での設置実績が有る業者、ソーラーパネルメーカー)に良く相談することが大切です。

塩害地域と言ってもケースバイケースで、住宅1戸1戸条件が違っています。

 

風向や風速、標高や林の有無などで大きく違った条件になります。

自宅に適した塩害対策が必要でしょう。

 

また塩害は日常のメンテナンスによっても防ぐことは可能です。メンテナンスとは機器の清掃、機器に付着した塩を洗い流すことです。

 

 

◆塩害地域の設置事例を参考にしましょう

 

一番確かなのは塩害地域の太陽光発電設置の実績と途中経過です。

 

しかし残念ながら情報がありません。以下の記述は事実ではなく推測ですが塩害地域での太陽光発電設置実績が極めて少ないのでしょうか?

設置希望者が業者と相談して、設置コストやメンテナンス条件、売電予想や寿命などから「実際に設置」することにためらいが有るのでしょう。

 

これは推測であり、事実ではありません。

ですから塩害地域の太陽光発電はシッカリメーカーや設置業者の情報を収集して、設置の可否を判断されることをおすすめします。