太陽光パネルの汚れ対策、具体的な方法を考える

yogore

 

意外と知られていない太陽光パネルの汚れ。

太陽光発電の心臓部は何と言っても太陽光パネルである。

太陽の光を遮るものは出来るだけ除去したいのだ。

 

太陽光パネルは空気中に設置してあり外部の環境に影響される。
空気中には太陽光パネルに付着する可能性がある汚染物質がある。
空気中の小さなチリ(黄砂、花粉、煤など)、鳥の糞、落ち葉などである。

太陽光パネルの表面に汚染物質が付着すると光が100%セルに届かない為に、発電量が減ってしまうのだ。

今回はその対策について説明する。

 

 

◆太陽光パネルの表面汚れをどうして防止するか?

太陽光パネルの表面は滑りの良いガラスから出来ている。
汚れが付着するようには見えませんし、雨が降れば汚れは落ちるのではないかと思われるが、そうではありません。

鳥の糞などは簡単に落ちません。

そして地域差があるのは粉じんと黄砂と火山灰です。
西日本特に中国大陸に近い地域では黄砂で車のフロントガラスが曇る程になりますから、太陽光パネルの表面にも黄砂は付着して、太陽光を遮り発電効率が落ちます。

活火山のある地域(例えば鹿児島県)では火山灰の影響が大きいし、工業地域なら粉じんの影響があるでしょう。

発電効率の低下を数字にすると多分「5%程度」の性能悪化だと思われますが、その数字を無視することは出来ません。

 

 

◆発想の転換をする、太陽光パネルは汚れるものである!

太陽光パネルは部屋の中に飾っておけば汚れないでしょう。
しかしそれでは発電しません。
太陽の光を受けやすい所に設置しなければなりません。
ということは当然ながら汚れ物質も表面に付着しやすいと言う事なのだ。

汚れて当たり前だ。
だからそれを前提に考えることにしよう。

 

 

◆具体的な対策は何か?

太陽光パネルは汚れるものであるから、定期清掃をメンテナンス計画に入れておく。
ただし清掃にはお金がかかるから、費用対効果をしっかり把握しておくことが重要なのである。

むやみやたらに掃除をすれば、お金がかかり、せっかくの売電も利益になりません。
それと間違った清掃をすれば太陽光パネルを傷つけて、表面を凸凹にするから、以前にまして汚れが付着して、落ちにくくなるのだ。

それから発電量の予測には、当初から5%の汚れによる性能低下を織り込んでおけばいいのだ。
そうでなければ太陽光パネルの枚数を5%増やしておけばいい。

例えば20枚のパネルを設置する場合、20×0.05=1枚となり、1枚増やしておけばいいのだ。

掃除をするよりもパネル枚数を増やす方が安く上がる。
場合により最適な対策を講じておけばいいのである。

 

 

◆太陽光発電の効率化(最大出力を得る)にはいろいろな要素がある!

太陽光発電パネルの汚れを無視してはいけませんが、過大評価することもいけません。
常に全体を見て行動することが大切なのだ。

太陽光発電の効率化、最大の発電量を得る為には多くの要素が絡み合っているから、それを総合的に判断しましょう。
例えばパワーコンディショナーも5%程度のロスがあり、それ以上に天候や設置場所に影響される。

太陽光パネルの経年変化で年間1%程度は効率が落ちる。
20年間使えば20%の性能低下だ。太陽光発電は「お天気」に依存する発電方式であるから、細かい事象に拘っても仕方がないかもしれない。

しかし汚れが発電効率を悪化させるという事実は、押さえておきたいのだ。

 

 

◆まとめ

太陽光発電パネルの汚れる原因は雑多である。
黄砂や火山灰、粉じんは地域差が大きいのだ。
総合的に判断すると「パネルの汚れ」が発電量を低下させる程度は小さいかもしれない。

パネルの掃除は「効果的な時」に行うことをおすすめします。
やり過ぎは費用がかさみ肝心の売電による利益が出なくなるからだ。