太陽光発電とエネファームを一緒に使える?メリットは?

whatuden

 

太陽光発電の弱点は夜間発電量が「0」と言う事です。
そして昼間でも雨や曇天時は能力が充分発揮できません。

ですから太陽光発電だけでは「電力の自給自足」は不可能と言える。
自給自足の為には夜間や雨天時に発電する、何か別の発電システムもしくは昼間に太陽光で発電した電気を溜める蓄電池が必要になります。

エネファームは都市ガスを使って水素を取り出し燃焼させる発電方式であり、雨天時や夜間でも発電できますから、太陽光発電と併用して使うことにより、その弱点を補う事が出来る。

 

 

◆エネファームとは何か?

エネファームは都市ガスなどから水素を取り出し、それを燃焼して電気とお湯を同時に取りだす装置である。
都市ガスやLPガス、石油を「改質器」と呼ばれる装置を通して水素ガスを取り出し、それを燃焼させる(酸素で燃やす)ことで発電と給湯を行う。

エネファームの機器は水素を取り出す改質器、水素を燃やす燃料電池、直流を交流に変換するインバーター、燃焼熱を回収する熱回収装置、そしてお湯を溜める貯湯器から成っている。

エネファームの特徴はエネルギー変換効率が良い事、お湯と電気を同時に取りだせることにあり、太陽光発電と併用すれば、電気の「地産地消」にはもってこいの装置である。しかしながらお湯が満杯になると発電が出来なくなるのが欠点だ。

家庭用で使うエネファームは発電出力が700W~1KW程度と比較的小さなものである。

 

 

◆エネファームと太陽光発電のW発電

エネファームを太陽光発電と同時に導入する場合を考えよう。何がメリットになり、どこに問題点があるのだろうか?

 

・W発電のメリット

夜間電力をエネファームで賄えることになり、太陽光発電の売電量が増える。
太陽光発電、エネファームとも停電時にも作動するから災害時、緊急時にエネルギーを外部調達しなくてもいい。
エネファームの発電量が太陽光発電にプラスされるから、太陽光発電で発電した電気をより多く売電することが出来る。
エネファームの導入には補助金が出ることはうれしい。
コジェネレーションシステム(お湯と電気)である為にエネルギー変換効率が高いのもメリットだ。

 

・W発電のデメリット

初期投資額が膨らむことである。
太陽光発電の初期費用¥150万円とエネファームの初期費用¥150万円の負担が大きい。
そして売電する時の単価が安く設定されているのもデメリットと言える。
エネファームは「お湯」が満杯になれば発電が止まる仕組みになっているから、お湯を使わない家庭にはメリットが少ないのだ。
発電している時の騒音や低周波振動が問題になることもあるようだ。

 

 

◆エネファームの将来動向

お湯を使わない環境ならエネファームは宝の持ち腐れとなりそうだ。
お湯の使用量が多い家庭なら非常に効果的かもしれない。

これからは核家族や少人数家庭が増えるから、そのような環境を考えると、将来的にはあまり普及しない可能性も考えられる。

普及するかしないかは初期費用の削減(設備の低コスト化)、騒音や低周波対策等が必要である。

しかしシステムとしては「素晴らしい」コジェネシステムで、先ほど述べた課題がクリアーできれば、より以上の普及率が望めるであろう。

 

 

◆まとめ

太陽光とエネファームを併用すれば、太陽光発電のメリットがより生きてくる。
直接水素を扱わないから安全性も高い。
お湯も同時に作ることが出来て、人数が5~6人くらいの家族(祖父母+両親+子ども2人)もしくは(両親+子ども2人)の家族構成なら「お湯」(お風呂)の需要もあり最適なシステムになっている。

まだまだ普及率は低そうであるが、装置のコストダウンや騒音、振動が改善されれば、もっと普及するであろう。