太陽光発電のカタログ値と同じ発電量が得られるのか?

katarogu

 

カタログに記載されている発電量は、ある一定の条件下で測定した値である。
従ってカタログの発電量が実際の発電量とは一致しません。

確かに太陽光のあるところ、パネルを設置すれば発電しますが、発電量は設置場所、気温、光の強さなどで時々刻々変化するものです。
ですからカタログ値は参考値であり、むしろ「実績値」を見ることが大切である。

 

 

◆公称最大出力の測定方法

 

光の質、光の量(強さ)、パネルの温度を決められた値にして測定した発電量をメーカーはカタログに記載しています。

 

・ 光の質(エアマス)

エアマスとは「空気の量」のことで、太陽光が垂直に入射したときのエアマスを1.0とし、その1,5倍量の空気を通過してきた光で測定します。
光の入射角に直すと約41度と言う事になります。

光は空気中を通過する時に空気に含まれる水分や塵によってある特定の光が吸収されます。
太陽光パネルは光の質(青色から赤色)によって発電効率が変わりますから、一定の波長を含む光をあてて測定します。

 

・ 光の量(強さ)

強い光なら発電量が多くなり、弱ければ発電量が下がります。
光の強さとしては、1000W/m2を基準としています。
夏場の晴天時の光の強さと考えて良いでしょう。

 

 ・太陽光パネルの表面温度、25度

太陽光パネルの発電量は「温度」に反比例します。
温度が上がれば発電量は低下する。
シリコン結晶型の太陽光パネルならば温度が1度上がれば、発電量は0.4%程度悪化。
逆に温度が下がれば発電量は増加するのだ。
温度25度は日本ならば春や秋の季節に相当します。

 

 

◆実際の発電量は?

 

発電容量1KWと言えば、先ほど述べた条件で測定した時の発電量である。
日照時間の平均を一日当たり12時間とすると、年間では12×365日=4380時間となる。
これを単純に計算すれば1KW容量の太陽光発電では、1KW×4380h=4380KWhの電力が得られる計算となる。

しかし実績値は1KW当たり1100KWhとなっており、発電効率は1100÷4380=25,1%となっている。

公称能力の25%しか働いていないということだ。
春のうららかな気候で日照時間が長く晴天の時には1KW能力の太陽光発電は1KWの電気を作ってくれるが、それはほんの一瞬であり、雨や曇天時などは能力が極端に落ちる。
晴天時の発電量を1とすれば雨天や曇天時は1/20~1/5と言われている。

 

 

◆発電量に影響する要因は?

 

一番は日照時間である。
日本一日照時間の長い県は山梨県で、2177時間。最も日照時間が短い県は秋田県で1431時間。なんと「746時間」もの差がある。

次は太陽光パネルの表面温度になる。夏の暑い日などは表面温度が70度以上にまで上昇し、発電効率は20%程度低下する。
逆に冬場になれば平均気温が0度以下になり、10%以上発電効率は高くなる。

そして当然のこととして太陽光パネルの設置方向だ。
南向きが最適であり、西向きや東向きも可能であるが推奨はしません。

北向きは論外だ。

次は設置角度である。太陽光をなるべく垂直方向で入射させるのが良いが、入射角度は季節によって、また日々刻々変化しているから「効率的平均値」にしておくと良い。

 

 

◆まとめ

 

太陽光発電は設置する場所や環境条件で発電量が変わる。
Aさんが成功したと言って、Aさんの物まねをしても成功しない。

太陽光発電は個々の条件に合わせて太陽光パネルの種類を選び、設置角度を調節し、メンテナンスをしておかないと最大の効果は得られない。個人で情報を収集してスペックを決めるのはたいへん危険である。

少なくとも150万円程度の投資になるから、専門家の意見や実績を参考にして、設置メーカーを選び、施工してもらうのがオススメです。太陽光発電の発電量は公称出力以下であり、時々刻々変化しているものだと言う事を理解しておこう。