太陽光パネルを屋根ではなく庭に設置することは可能か?

niwa

 

一戸建てで庭が広い場合は、庭に太陽光パネルを設置することも考えるべきである。

家庭用の太陽光発電は発電量が10KW以下であり、固定価格での買取期間は10年である。

しかしもし10KW以上の産業用にすれば 固定価格買取期間が20年となり非常に有利になる。

太陽光発電は一般的に屋根に設置するのであるが、屋根の方画や面積が不十分で10KWに満たない場合や、もう少し容量を増やすと10KW以上の産業用になる場合など、庭にパネルを設置することができれば、応用範囲が一段と広くなる。

 

 

◆太陽光パネルを庭に設置するメリット

1)最適な方画と傾斜角度を選択できる

太陽光パネルの設置角度や方向が調節できることである。
屋根に設置する場合、設置角度は屋根の勾配に、方向は家屋の建設方向によって決まり、最適の角度や方向を選択できない。
庭に設置するならばある程度自由に角度や方画が設定できる。

2)発電量を増やすことが出来る

屋根が狭くて思っている発電量が得られない場合は、庭を利用して発電量を増やすことが出来る。
たとえば屋根に10KW以上のパネルを載せられなかったなら、家庭用太陽光発電となり、固定価格買取期間は10年になる。
しかし庭を利用して発電量を増やせば「産業用」となり、買取期間は一気に20年にまで長くなる。
地域によっては太陽光発電の受け入れ量がオーバーして、産業用太陽光発電としては受け入れてもらえないかもしれない。
九州地区や東北、他移動地区は特に要注意だ。

3)お金を生まない「庭」がお金を生むようになる

物置として利用していた庭が、太陽光パネルを設置することで発電所となり「お金」になる。
そして物置として汚かった庭が太陽光パネルを置くことで整理されて「見栄え」が良くなる。
効率的に庭を利用していなかった人には、まさに一石二鳥である。
しかしながら多少のメンテナンスは必要になる。
庭の草むしりとか、パネルに付着した鳥の糞や落ち葉などは綺麗にする必要はある。

 

 

◆太陽光パネルを庭に設置するデメリット

1)設置コストが割高になる可能性がある

屋根のほかに庭にも設置すれば、「分割設置」となり施工費や部品代が高くなることも考えられる。
これは見積もりの段階で何とかなりそうであるが、庭の太陽光パネルを「後で設置する」場合は、やはり施工費が別途かかり高くなる。

2)景観が悪くなる場合もある

これはケース・バイ・ケースで景観が悪くなりもし、良くなりもするでしょう。
例えば物置として庭を使っていたならば、太陽光パネルを置くことで整然となり、見栄えは良くなる。
しかし元々、植木などを植えていたならば、太陽光おアネルで「見栄えが悪く」なることもある。
それは仕方のない事でしょう。

3)庭の多目的な活用が出来なくなる

これは当然と言えば当然で、太陽光パネルが庭を占領するから、他の使い方は出来なくなる。
太陽光パネルを置くことが最も効率的であると判断したのだから、仕方がない。
もしも庭を太陽光パネル設置後でも何かに(バーベキューパーテイなど)使いたいならば、最初から設計を工夫して、架台を高くして(例えば2m以上)設置すべきであろう。
しかし太陽光パネルの下を使う場合には、建築基準法の縛りを受けることになるから要注意である。

 

 

◆まとめ

「太陽光パネルは屋根に設置するものである」という固定観念は捨てた方が良さそうである。
太陽光パネルは「太陽の光」があれば何処に設置しても発電してくれる。
遊んでいる空間が有れば、そこに太陽光ぽアネルを置きさえすれば「お金」を生んでくれる。
身の回りで、空いている空間を想像して、屋根以外にも太陽光パネルを置けないか考えてみては如何でしょうか?