太陽光発電は風力発電のように音がするのか?騒音があった場合の対処方法

oto

 

水力発電、火力発電、風力発電など、一般的な発電はタービンや風車、水車を回して発電します。

だから必ず「音」がでます。
しかし太陽光発電は光エネルギーを電気エネルギーに変えるユニークな物理現象であるから、「音」はしません。
太陽光パネルで電気をつくる時には音はしませんが、直流を交流に変える時には「音」がするのです。
しかし風力発電と比べると騒音のリスクは極めて低く、「音」には最も安心できる発電システムです。

 

ちなみに風力発電の騒音はマスコミでも問題として取り上げられました。

 

 

◆太陽光発電システム全体を見れば音はする

太陽光発電で音のする機器は「パワーコンディショナー」です。
その他の機器は音のしないものです。

この機器は太陽光で発電した電気(直流)を家庭で使える交流に変換するインバーターの機能を持った機器です。
電気を交流に変えないで直流のまま使えば良いのですが、そのような訳にはいきません。
家庭の電気機器は全てが交流で100Vに設定しています。

したがって太陽光発電には、どうしても必要な機器と言えます。
音がするという前提で、人間に迷惑をかけない方法(防音対策)を探りましょう。

 

 

◆パワーコンディショナーの音はどのような音か?

家庭用の5KW程度のパワーコンディショナーの音は40~45デシベルで、エアコンの室外機のレベルです。
そして発電している時にのみ稼働しますから、夜間は休止、パネルに積雪が有る時も休止しています。
昼間に働き、夜間は休むと覚えましょう。

音質は「ジー」というような音で、高周波領域の音(モスキート音)も含んでいます。
大人よりも子供がうるさく感じる音かもしれません。

しかし音に対する感じ方は千差万別であり、何も気にならない人から、神経質な人なら「うるさい」と感じると言う厄介なものです。

 

 

◆設置場所を屋外にするのが最善の解決策?

エアコンの室外機のようなレベルという事は「屋外設置」すればほとんど問題になりません。
屋内設置の場合は人が常時いる部屋からなるべく離れた場所に設置することを考えましょう。

もしも高齢者中心の家なら、多分音は感じないでしょうから、場所を選ぶ必要なないでしょう。
どうしても屋内に設置しなければならない場合は、パワーコンディショナーに「囲い」をして音の強さを低減することも可能です。

しかし「囲い」は簡単に取り外しが出来る構造でないといけません。
パワーコンディショナーの点検をする機会が有りますから、取り外せない構造にすると点検やメンテナンスが面倒になります。

 

 

◆住宅密集地ならお隣への騒音被害を考える

住宅密集地なら自宅は勿論、近隣への騒音被害を考えておかないといけません。
自己中心の考えでは近隣住民とトラブルになる可能性が有ります。

近隣トラブルで一番多いのは「騒音」です。
「音」の感じ方は人それぞれで、ピアノ音や話し声は、音を出している人には必要な音なのですが他人には「騒音」となります。

パワーコンディショナーの音も「騒音」になりえます。
隣近所に赤ちゃんや子供がいる場合は特に注意しましょう。
住宅密集地ならば、思い切って室内にパワーコンディショナーを設置するのもいいかもしれません。

少なくとも「御近所トラブル」は回避できるからです。
室内にパワーコンディショナーを設置して「囲い」をつければ、一件落着です。

 

 

◆パワーコンディショナー騒音事例

家庭用太陽光発電(5KW程度)のパワーコンディショナーの騒音苦情は見当たりませんが、産業用太陽光発電で規模が大きくなればパワーコンディショナーの出力も増加する為、そして室外に設置している為に騒音の苦情が寄せられています。

パワーコンディショナー自体は何ともいたし方ないから、騒音対策としてはパワーコンディショナーを「囲う」ことで問題を解決しているようです。