農地をソーラーシェアリングとして活用する

nouti

 

農家は後継者不足で農作物を作らずに遊休地となっている農地がある。
その農地を活用する方法の1つが「ソーラーシェアリング」である。

未来永劫、農地として活用することが無ければ「農地法」に定められた手続きで、農地転用をして太陽光発電設備を作ればいいが、暫定的に太陽光発電設備を農地に建てて活用することも可能である。
それを「ソーラーシェアリング」と呼んでいる。
シェアリングと言う意味は「作物を作りながら、太陽光発電設備を建てて電力を得る」ことと定義できる。
太陽光を農作物と太陽光パネルで「シェアー」するという意味に解してもいい。

 

 

◆ソーラーシェアリングのメリット

農地でありながら太陽光発電も出来るところはメリットであろう。
先ほど述べたとおり、農地を農地法にもとずき、転用して太陽光発電の専用土地にはできるが、その場合は農作物を作ることはできない。
大地を全て太陽光パネルで覆うから、農作物を栽培しようとしても、作物は太陽光エネルギーを吸収することはできずに、生長することが出来ないからである。

農地は農地のままにしておき、転用許可申請はしなくて済むし、時が来れば、また元の農地として活用できるのである。

 

 

◆ソーラーシェアリングのデメリット

太陽光発電をしながら農作物も作るということで、太陽光パネルの配置や農作物の種類に制限があることだ。
最も効率よい太陽光パネルの設置が出来なくなり、また農作物も好きな物を植えられなくなる。ソーラーシェアリングの収入>太陽光発電収入になれば良いのであるが、作物の種類は何が最も最適なのかは試行錯誤が必要かもしれない。

そして毎年農作物の収穫状況を報告する必要があり、3年毎に転用許可申請を出し直さなければならない。

 

 

◆太陽光パネルの設置方法

農地に支柱を建てて、その上に太陽光パネルを設置する。
支柱は簡単に撤去可能な構造とする必要がある。
全面を太陽光パネルで覆う事は出来ない。
太陽光を太陽光パネルと、栽培植物に分け与えるような設計をする。
太陽光パネルは地上から2m以上は最低限高くしなければなりません。
それは太陽光パネルを設置した下で農作業が出来る空間を確保する為である。

 

 

◆農作物の種類は何を選ぶか?

太陽光発電を主とするか、栽培作物の収穫を主とするかによって作物の種類が決まります。
多量の太陽光を必要とする作物(例えばトウモロコシ)などは適当な栽培食物にはなりえない。

イモ類や稲(米)などが推奨されている。大根やニンジンなどの根菜類も有効な作物です。
葉物野菜は太陽光パネルの「影」の影響があり推奨できない作物です。

いずれにせよ栽培作物は理論より実践で「やってみないと分からない、試行錯誤しながら最適な栽培方法を見つける」ことでしょう。

 

 

◆どのような農家に最適か?

農業だけの収入では将来が心配な方や、後継者がいない農家等には最適であろう。
ソーラーシェアリングは「産業用」太陽光発電に該当するので、設置以後20年間は安定した価格で売電が可能である。

販売価格や収穫量が不安定な農作物だけでは心配だと感じている方は一度検討してみると良いでしょう。

 

 

◆設置費用は?設備回収は?

ソーラーシェアリング用の架台などの費用がかかる為に、通常の太陽光発電設備よりも約5万円/KW程度は高くなりそうである。

具体的に言うと出力が20KWの設備であれば、20×5万円=100万円ほど高くなります。
設備総額は20×35=700万円であるから、100÷600=17%割高となる。
売電収入が31円×1100KWh/KW年間×20KW×20年=1364万円。
設備回収年月=700万円÷68.2万円=10.26年。

約10年で投資は回収でき、残り10年は利益が出る計算だ。
農作物収入が「0」としても利益が出る計算だ。