太陽光発電の発電パネルは雪が降ると発電にどのくらい影響するのか?

yuki

 

太陽光発電は太陽光パネルに光が当たることによって、はじめて発電という現象が起こります。従ってパネルに光が当たらなければ発電しません。

「積雪」によって光は遮られるから「雪が積もる」ことは太陽光発電にとっては、有難迷惑ということになります。

 

 

◆積雪で発電量が低下する

パネルの全面が雪で覆われれば発電量は「0」になります。

50%雪に覆われれば、50%です。

いずれにせよ発電量は大幅に低下します。

豪雪地帯に太陽光発電を設置するのはリスクが有ると単純に考えれば、そういう結論になりますが、そう単純ではありません。

 

実際に豪雪地域の発電量は全国平均と比べれば10~20%程度は少ないようです。

積雪は物理的な自然現象ですから避けることはできません。

雪が降り発電効率は下がると言うことを前提に、その中でも最大の発電効率を得るには、どうすれば良いかを考えましょう。

 

 

◆雪国で発電効率を上げる対策は?

設置する地域が決まれば年間日照時間は予測できます。

出来る事は太陽光パネルの設置角度とパネルメーカーの選定です。

雪国の場合は地元で実績のある設置業者に相談するのがおすすめです。

冬場の効率は当然考慮しますが、発電量を年間最大にすることが最も大切です。

既設家屋では屋根の角度や方向を変えることはできませんので、その条件の中で効率化を探し求めることになるでしょう。

新築なら屋根の角度や、家の向きを含めて検討することが可能です。

しかし太陽光発電以外の要素が有りますから、制約を受けることは当然あります。

 

 

◆過積載は効率を上げることが出来る?

過積載とはパワーコンディショナーの容量よりも大きな容量の太陽光パネルを設置することを言います。

例えばパワーコンディショナーが4KWで、太陽光パネルが5KWの場合を「過積載」と言います。太陽光パネルは表示容量(5KW)は最大頑張って5KWという意味で、実際は4KW位しかありません。

ですからパワーコンディショナーも4KWで充分なのです。

 

長野県のメガソーラーで「過積載」をすることで発電量が予想以上に多かったと言う実例が有ります。

雪国の冬場で雪が降らない時でも5KWの太陽光パネルは、いくら頑張っても4KW以上発電できないからです。

もし太陽光パネルが凄く晴天の日に、たまたま5KW程度の最大定格出力を出した場合は、パワーコンディショナーの容量である4KW分しか電気に変えられないことになります。

ロスが出ますが、このような機会はごくまれにしか発生しません。

 

 

◆太陽光パネルから雪が落下し御近所迷惑?

雪国で太陽光発電を設置する時のチェックポイントは、「落雪の対策」です。

自宅の敷地が広く落雪しても、お隣様に迷惑がかからない場合は考慮しなくてもいいのですが、落雪対策は御近所トラブル防止のためには大変重要な項目になります。

住宅密集地なら「雪の滑り止め」は必須です。

雪は重くて、そして急に落下しますから事故防止のためにも「落下防止」は行わなくてはなりません。

 

 

◆太陽光パネルに積もった雪おろしは行うべきか?

単純に考えるなら「雪かき」は効率的でしょう。

しかし作業の安全性を考えて、また太陽光パネルの品質保持から考えると、雪おろしは止めた方が良いでしょう。

たいへん危険な作業になり、また太陽光パネルの表面を傷つけることになります。

自然落下する時を待つよりほかはありません。

雪に「お湯」をかけて溶かす様な装置も考えられますが、費用対効果を見ると「得」にはならないようです。

 

 

◆積雪地域での太陽光発電は控える方が良い?

これは1軒1軒、家屋の状況や地域など異なっていますから、施工業者とよく相談して決めることをおすすめします。

一概に設置した方が良いとか、悪いとかを決めることはできません。

ケース・バイ・ケースという事になるでしょう。