太陽光発電の設備からも電磁波は発生するのか?体への影響を調べた

c9b23bc4a8fc934511cc91f66cb50db4_s

 

太陽光発電から出る電磁波は体に悪い、太陽光発電を導入した直後に頭痛やめまいがしたと言う情報が有ります。

しかし、その因果関係は科学的に証明されたものでもなく原因不明です。

電磁波は電流が流れれば発生しますので、電気製品を使えば電磁波は発生するでしょう。

家電が氾濫している今、どこの家庭でも電磁波の中で生活しています。

 

そして太陽光の成分、可視光線や紫外線、X線も電磁波の仲間です。

人間は地球上に誕生してから何百万年もの長い間、電磁波の中で生きてきました。

 

 

◆電磁波と日常生活

電磁波は地球上に溢れています。電磁波は電気の流れるところには必ず発生するもの。

電気製品、携帯電話、電車(新幹線など)、送電線、太陽からの放射線(可視光線や紫外線など)。

問題は電磁波の周波数と強さ(強度)です。

研究所や実験施設における強度の極めて強い電磁波ならば人体に影響するのですが、日常生活を営んでいる空間では影響はほとんどないと考えてよいでしょう。

 

 

◆太陽光発電機器で人体への影響はあるのか?

人間は太古の昔から太陽の恵みで生きていました。

紫外線や可視光線に対応できる体になっています(DNAに情報として取り込まれている)国際機関が電磁波に関するガイドラインを策定していますが、全ての家電はクリアーしていて、一応安全であるとしています。

 

家電では電気シェイバーや電気こたつなどが少量ですが電磁波を出す機器である。

太陽光発電は電気機器として「インバーター(パワーコンデイショナー)」が該当しますが、屋外に設置してあれば問題ないと思われます。

 

太陽光発電を導入した直後に頭痛やめまいを訴えた人は「偶然」としか考えられません。

全く電気機器が無い原始状態で自給自足をしていた人が太陽光発電を導入して体に異常を感じるなら「電磁波過敏症」という事になりますが、近代文明の中で電磁波を出す電化製品と共に生活していた人が、突然体調不良を起こすとは科学的には理解できません。

 

 

◆太陽光パネルから電磁波は発生するのか?

太陽光パネルは光エネルギーを電気エネルギーに変換する機器ですから電気が流れていますので電磁波が発生している可能性が有ります。

中立的な組織である「電磁界情報センターの測定データーによると、太陽光パネルから20センチ離れた場所での電磁波の強度は80ミリガウス程度でした。

 

電磁波の影響度は発生源から距離が離れれば極端に弱くなりますから、太陽光パネルの電磁波は人体に影響が無いと考えて良いでしょう。

太陽光パネルは屋外(家庭用では屋根の上)に設置されていますから、人体は太陽光パネルから遠く離れているからです。

 

 

◆電磁波の影響を科学的に実証するのは困難である

科学的に人体に対する影響を測定するのは困難である。

実験としては数百人規模の協力が必要であるし、日本だけでなく世界規模で行わないとデーターの信頼性がなくなります。

人間を全く電磁波の無い世界に置くことも困難でしょう。

生活空間には微弱ながら無数の電磁波発生減があります。

それを遮断して行わないといけません。

 

もう一つ厄介な問題が有ります。

電磁波は周波数と強度があるのですが、厳密な実験をする為には特定の周波数を有する電磁波を取り出して実験する必要があります。

電磁波は数ヘルツから高周波領域ではメガヘルツ、ギガヘルツ、テラヘルツまで非常に広い範囲を網羅しなければなりません。

現実的に考えれば科学的な実証は無理でしょう。

 

科学者も注目を集める領域でなら「実験」をして有名になりたい、成果を上げたいと思いますが、電磁波の人体に対する影響の研究をしても注目度は低いから、実験はしないでしょう。

 

 

◆太陽光発電の電磁波は人体に影響ない?

結論として、太陽光発電の電磁波は人体に影響はほとんどないと言う事になります。