太陽光発電の重要部品パワーコンディショナーの役割と設置のポイントを解説

df299736d60efea4a082a27dbad40562_s

 

太陽光発電で最も大切なパーツ(部品)は勿論光を電気に変換する太陽光パネルで、その次に大切な部品はパワーコンディショナーになります。

パワーコンディショナーという言葉は「分かり難い言葉」であり、その機能(働き)を連想させてくれません。

 

パワーコンディショナーは太陽光パネルで発電した「直流電流」を家庭で使える「交流電流」(50~60サイクル)に変換する機器であるから、「AC~DCインバーター」(AC~DC変換器)と言う方が分かり易い呼び方であろう。

海外では「PCインバーター」と呼ばれている。

 

◆パワーコンディショナーの役割

パワーコンディショナーは太陽光パネルで発電した電気を「安定的」に交流電量に変換する機器である。

発電した「電流と電圧」を安定させるのは勿論、周波数(50サイクルもしくは60サイクル)も安定的にコントロールしてくれる機器である。

 

◆機器の選び方と価格

パワーコンディショナーは太陽光パネルと同じメーカーを選んだほうが良い。

一括見積もりで「信頼できる業者」を選択して任せれば間違いはない。

日本のメーカーではそれ程の差はないと思ってよい。

機器の値段は、例えば5KW容量の発電システムでは総額で150万円、パワーコンディショナーは、約1割の15万円といったところでしょう。

 

◆設置場所はどこが良いのか?

パワーコンディショナーは機器としての特徴を知れば、どこに設置すれば良いかが分かるだろう。

太陽光発電のシステム機器の中で唯一「音」のでる機器である。

エアコン室外機のような音がする。従って単純に考えれば「屋外」に設置するのが良いだろう。

 

しかし隣家が近いとか、小さなお子様や病人が近くに住んでいる場合は「御近所トラブル」に発展する恐れもありますから、屋内に設置すると方が良い場合もある。

騒音問題は個人差が大きく、いったんパワーコンディショナーの音が気になるとストレスになる。

従って設置場所は「御近所の状況」と「家庭の環境」を総合して決めるべきである。
一般的にはやはり屋内設置である。

 

◆過積載という使い方

太陽光パネルの発電容量をたとえば「5KW」とすれば、パワーコンディショナーの容量も「5KW」とするのが一般的である。

 

しかし太陽光パネルの発電容量は「最大値」を表しているから、実際は「5KW」の太陽光パネルで常に「5KW」の電気を発電すると考えない方が良い。

お天気の状況によって4KWや3KWに能力が落ちる。

従ってパワーコンディショナーも「4KW」程度で充分なのである。

パワーコンディショナーの容量よりも、太陽光パネルの発電容量を「過大」に設定する使い方を「過積載」と呼んでいる。

 

太陽光発電システムでは「太陽光パネル容量」と「パワーコンディショナー」の能力のどちらか低い方を、その発電システムの発電容量と見なします。例えば太陽光パネル6KWに5KWのパワーコンディショナーを組み合わせであれば、発電容量は5KWと見なされます。

 

太陽光発電容量が1KWならば、年間で1100KWhの電力が得られる。

ということは1日平均で1100÷365=3KWhの電力しか得られないと言う事である。

平均日照時間を10時間とすれば、わずか30%しか働いていないことになる。

 

従って太陽光パネルの発電容量を大きく(過積載)しておくと効率の良い発電が出来るのである。

過積載の程度は20%~50%が実際に使われている範囲である。

 

◆まとめ

パワーコンディショナーは寿命が10年~15年と言われている。

従って太陽光パネルの寿命25~30年と比べると約半分であり、途中で取り替える(新品に交換する、または部品を交換する)という事を計画に入れておくべきである。

 

屋外、屋内ともにメンテナンスのしやすい所に設置しておくべきである。