太陽光発電における塩害は防ぐことができるか?その対策方法とは?

engai

 

塩害とは海岸線近くで「塩」が原因で電線やコンクリート、鉄製の工作物が被害を受けることを言います。(農作物の被害も塩害ですがここでは省略します)

 

太陽光発電の塩害は「金属の錆」に限定されます。

しかし海水が撒きあげられて、風に乗って内陸まで「塩分」を拡散しますから厄介な現象には間違いありません。

 

太陽光発電の部分品はソーラーパネル(ガラス、鉄、その他金属)、パワーコンデイショナー(鉄、銅)、接続箱(鉄)、架台(鉄)、電気配線(銅)から構成されていますから「塩害」を受ける可能性は極めて大きいと言えます。

 

 

◆太陽光発電は塩害地域では設置できない?

 

塩害地域とは海岸線からの距離で決まっています。

海岸線から~500mまでを重塩害地域、500mから数キロまで(地域によって距離が違う)を塩害地域といいます。

 

例えば北海道や東北の日本海側は海岸線から7キロまでが塩害地域になります。

塩害地域は太陽光発電を「無条件には設置できない」というのが結論です(逆に言えば塩害対策を行えば設置できるといえます)。

 

接続箱やパワーコンデイショナー、架台は鉄製ですから間違いなく「塩で錆び」ます。

ですから一般の地域で設置する仕様で、塩害対策を施さずに太陽光発電をそのまま設置すれば、錆で寿命は極端に短くなります。

 

しかしながら塩害対策技術の進歩で塩害地域でも太陽光発電の設置が可能になりました。

 

 

◆塩害対策や設置基準はメーカー毎で異なっている

 

塩害地域は国土の総面積からすると「ほんの狭い地域」になります。

そこで特別仕様のソーラー発電システムを開発してもメーカーは儲かりません。だからメーカーには塩害地域では設置できないというところもあります。

経営的には至極当然の考えです。

 

しかしメーカーイメージが悪くなり、太陽光発電以外の家電が売れなくなる可能性が有る為、メーカーは積極的ではないが塩害地域での太陽光発電設置を検討してくれます。

 

 

◆塩害対策で導入コストは当然高くなる?

 

塩害対策で一案良いのは「屋内」に電気機器を設置すると言う事ですが、太陽光発電では屋内設置は「無理」です。

 

ソーラーパネルや架台はどうしても屋外に設置しなければなりません。

鉄の塩害対策は、亜鉛めっき、塗装をする、鉄をステンレスに交換する、プラスチックの製品に置き換える等の対策が考えららますが、コストの関係で「亜鉛めっき」が採用されています。

 

電気部品なら「ビス」や「ボルト&ナット」なども塩害対策が必要です。どこか1つでも塩害対策に「手抜き」があれば、そこから錆びて全体が壊れます。

 

 

◆塩害地域で太陽光発電を設置する時の注意点

 

専門家(塩害地域での設置実績が有る業者、ソーラーパネルメーカー)に良く相談することが大切です。

塩害地域と言ってもケースバイケースで、住宅1戸1戸条件が違っています。

 

風向や風速、標高や林の有無などで大きく違った条件になります。

自宅に適した塩害対策が必要でしょう。

 

また塩害は日常のメンテナンスによっても防ぐことは可能です。メンテナンスとは機器の清掃、機器に付着した塩を洗い流すことです。

 

 

◆塩害地域の設置事例を参考にしましょう

 

一番確かなのは塩害地域の太陽光発電設置の実績と途中経過です。

 

しかし残念ながら情報がありません。以下の記述は事実ではなく推測ですが塩害地域での太陽光発電設置実績が極めて少ないのでしょうか?

設置希望者が業者と相談して、設置コストやメンテナンス条件、売電予想や寿命などから「実際に設置」することにためらいが有るのでしょう。

 

これは推測であり、事実ではありません。

ですから塩害地域の太陽光発電はシッカリメーカーや設置業者の情報を収集して、設置の可否を判断されることをおすすめします。