太陽光発電一括見積もりのメリット

太陽光発電システムを導入して自家発電や売電を考えている人にとって「安く」設備を設置する事は一番の関心事である。

太陽光発電は大手で9社程あり、代理店は複数社(少なめに3社とする)としますと1代理店1提案でも、システム提案数は(9×3×1=27種類)となります。

太陽光発電に詳しい人なら、最もコストパフォーマンスの良い提案を見つけることができますが、素人ではまず無理である。
知識がなくても良い提案を選ぶ「コツ」があります。

それが一括見積もりを利用して「比較する」ことなのです。

 

0e26990ffe3098b08accb7b1cda1b1bf_s

 

◆一括見積もりでどこを見るか?価格だけではない!

太陽光発電システムは一般家電と違います。

TVや冷蔵庫ならその本体の性能や価格を比較すれば済みますが太陽光発電は「一品料理」といえます。

導入する会社や家庭の事情が全て異なるからです。
太陽光発電は太陽光モジュールを取り付ける基礎工事、発電パネル(モジュール)と付帯設備(集積箱やパワーコンディショナー、分電盤)からなります。

特にモジュールの取り付けは太陽光を効率よく集める為のキーポイントになる。
見積もり価格が安い業者に即発注するのは危険である。
見積もり内容を精査しておくべきだ。
同じ性能の太陽光モジュールを設置しても設置方法で性能が違ってきます。

 

◆一括見積もり、1KW当たりの単価を評価しましょう

分かりやすいように数字を使って説明します。
たとえばA社の見積もりは価格が200万円で発電能力が5KW、方やB社の見積もりは価格が150万円、発電能力が3KWとします。

価格はB社の方が50万円安いですから「お得」なように見えます。しかし「性能/価格」を比較すればA社は「200÷5=40万円/KW」となりB社は「150÷3=50万円/KW」で、A社の方が安いと言う結論になります。

太陽光発電の場合は1KW発電するのに初期投資(設備投資)がいくらかかるか、とい尺度で評価することが大切なのです。
(もちろん投資の予算は当然あります)

 

◆業者の「良いところ取り」をしてさらなる値下げも可能です。

例えば3社に見積もりを取ったとしましょう。
詳細見積もりを比較して、項目毎の最安値を確認して、他の会社に再見積もりを取ります。
(数字の単位は万円)

 

業者名モジュールその他機器架台設置費配線工事合計
A社100403030200
B社80304030180
C社80403020170

 

C社が最も安い見積もりですが、細部見積もりを見ますと「その他機器」はB社が30万円と最も安い。

そこでC社に10万円の値引きを要請します。C社が受け入れてくれれば総合計が160万円で工事を発注することが可能になります。

一括見積もりには「良いところ取り」をして値段を下げさせることも可能です。ですから1社発注や訪問販売(これも1社発注になります)で契約するのは避けましょう。

 

◆一括見積もりサイトの利用

インターネット上に複数の見積もりサイトがあります。

太陽光発電の設置場所をインプットすると複数の工事請負会社につながる。郵便番号、住いの種類(一戸建、マンション)築年数、屋根の角度、設置方向(南向き、東向きなど)、予算、支払い方法(現金、分割)導入の緊急性(直ぐ、見積もりを見てからなど)、あとは氏名や電話番号、メールアドレス)をインプットすれば終わりである。

3分程度で終了する簡単作業だ。
太陽光発電を設置する地域で営業している取り扱い会社、複数社(5社程度)同時見積もりができる。

専門の会社なら設備費用は勿論出してくれますが、売電目的の太陽光発電を望んでいる場合は、経済計算や投資回収期間、地方自治体の太陽光発電の補助金まで、全ての情報を提供してくれます。

 

◆訪問販売、悪徳業者の被害に合わない為にも「一括見積もり」をしましょう!

訪問販売で太陽光発電を導入するのはチョット待って!
販売員の巧みな話術に惑わされてついつい契約してしまう。

そして性能が悪く割高な太陽光発電を購入すると言う被害が報告されています。
悪徳業者の被害に合わない為には地域で営業している「信頼できる業者」に発注することが大切になります。

一括見積もりサイトは地域の優良企業を紹介してくれますので安心して見積もりを取れます。
もちろん見積もりを取ったからと言って必ず発注する必要はありません。
条件が合うまで、納得できるまで検討してからの発注で良いのです。

おそらく一生に1回か多くても2回の経験ですから、注意深く行うのは当然でしょう。
単価も電化製品の様に数十万円ではなく、ひとけた上の数百万円になりますから、良い買い物にもなり、下手をすれば悪い買い物になってしまいます。

 

◆まとめ

品物を買う鉄則は情報をなるべく多く得て、得た情報を上手に整理する事です。

業者の細部見積もりを比較することで真実が見えます。
1社単独見積もりなら貴方の情報は不足していて「高い買い物」をする事になります。

業者を競わせて、業者の情報を知り、業者のいいところを採用して最安値で高性能な太陽光発電を設置しましょう。